バナナの栄養素と効果とは?【バナナの品種一覧をまとめ】

バナナ

バナナは朝食で食べる人や運動前のアスリートに食べられることが多いと思いますが、グリーンスムージーの材料に加えるととても飲みやすくなるのでのでおすすめの果物です。

グリーンスムージーを飲み始めたけど苦くて飲みにくい…という初心者の人はバナナを取り入れるのがおすすめ。
バナナはそのまま食べても豊富な栄養素をしっかり摂取できるので、スムージーにしなくても朝食のメニューの一つとして取り入れると普段の食事では摂取しきれない栄養素をカバーできます。

このページではバナナの魅力と、バナナに含まれている栄養素から得られる効果に加え、バナナの品種についてもまとめていきます!

バナナに含まれる栄養素・摂取できる栄養

バナナとミルク
糖質・ミネラル(カリウム )・ビタミン(ビタミンB1・ビタミンC・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンE)・マグネシウム・ナイアシン・葉酸・パントテン酸 ・カロテン・セロトニン・カルシウム・マグネシウム・リン ・鉄

また、バナナは抗酸化力が強いので、健康や美容に気遣う人に愛されているという理由もあります。

バナナはスポーツの分野でも取り入れられる栄養満点な果物

バナナはアスリートのエネルギー補給にも頻繁に使われる果物として有名です。
陸上の選手を始め、様々なアスリートがバナナを食べる習慣がある理由は、効率よく手軽にエネルギーを摂取できることにあります。

アスリートはエネルギーを保持している状態でなければ爆発力や持久力を出すことができません。
バナナは適度なカロリーと糖分を摂取できるので、体や頭を動かすために活躍してくれます。

主にエネルギーとなるバナナに含まれる糖質は、ブドウ糖・果糖・ショ糖・でんぷんなど、複数の種類があり、いずれも吸収するスピードが異なるため、マラソン選手やサッカー選手など持久力が必要なスポーツに欠かせません。試合前・競技前にバナナを食べておくという選手はとても多いです。

また、バナナは消化が良いので胃に重さを感じないことも運動をするアスリートに好まれる理由でもあります。

話題にもなったバナナダイエット

ここ数年でバナナを活用した「バナナダイエット」が話題になりました。
バナナから摂取できる食物繊維やビタミンC、ビタミンB1、B2、ビタミンB群、ナイアシン、カリウム、マグネシウムなど、健康的でバランスの良い栄養と適度なエネルギーをバナナ一本で摂取できるので、ダイエット中の栄養補給に適しています。

バナナでダイエットできる理由は非常に曖昧ですが、バナナに含まれているカリウムは、体の余分な水分を排出する手助けをしてくれることも減量につながるかもしれません。
ダイエット中は、過度な食事制限などを行ってしまう人もいますが、バランスの良い食事を摂ることが重要。
バナナから摂取できる栄養素で、必要な栄養を補ってあげるのと同時に、ランニングやウォーキングをするためのエネルギーも手軽に摂取できるのでバナナはダイエット中におすすめです。

塩分過多の人は適度にバナナを食べよう

バナナに含まれているカリウムは、利尿作用があります。
塩分を多く取る人は、カリウムを摂取することで尿と一緒に余分な塩分が排出されるので適度にバナナを食べるのがおすすめ。
ですが、バナナは果糖(糖分)も多いので一日に何本も過剰に食べない方がいいです。

 

編集部

バナナはグリーンスムージーの口当たりをマイルドにしてくれるだけでなく、食物繊維やカリウムなど様々な栄養が含まれているのでバナナを一本入れるのがおすすめ!朝食べるとエネルギーに変換しやすいので忙しい時の朝食替わりとしても便利な食材です。

バナナの品種一覧

剥いたバナナ
バナナには形も味も違う多くの品種があります。一般的なスーパーで購入できるバナナはフィリピン産のバナナが多いですが、フィリピン産でも品種がいくつもあります。
品種によって甘さや食感、酸味がかなり違うので好みのバナナを探してみるのも面白いと思います。

ジャイアント・キャベンディッシュ

バナナ
スーパーでよく見かけるバナナがこの品種です。フィリピンバナナと総称されるバナナで、日本人が食べ慣れている味です。
価格も安く手に入れやすいのも魅力。適度な甘さで朝食やおやつとしてもおすすめ。

サンタマルタ・バナナ

サンマルタバナナ
サンマルタバナナは南米コロンビア産のバナナです。南米の太陽とミネラルの豊かなサンタマルタの土壌で育てられたバナナで独特の食感と美味しさがあるバナナなので体験してことがない方に味わってほしい品種です。

台湾バナナ

台湾バナナ
台湾産のバナナにも複数の品種があります。

北蕉

台湾バナナの中でもポピュラーなバナナ。日本に輸入されている台湾バナナの多くはこれです。
フィリピン産のキャベンディッシュと比べると濃厚な味わいが特徴で、比較的日本人の好みに合います。買いやすい価格帯も魅力。

旦蕉

通常の細長いバナナよりも丸みを帯びた形状のバナナなので一口バナナとも言われます。

李林蕉

なかなか見ないバナナで、S字の形をしているのが特徴。味は多くのバナナと大差ありませんが、やや酸味が強いのが特徴。

紅皮蕉

レッドバナナとも呼ばれる品種で酸味や甘味がリンゴに近い不思議なバナナ。あまり見かけることが少ないバナナですが、ファンも多い品種です。

モンキーバナナ

モンキーバナナ
一般的なバナナよりも小さいサイズのバナナを見たことがある人も多いと思いますが、これはモンキーバナナです。
甘くて柔らかいのでスイーツに使われることも多いバナナで、子供のおやつにもおすすめ。スムージーにするにはちょっと量が少なく感じるので、朝食用やおやつ用に。

バナップル

パナップル

酸味が強いバナナなので、甘いバナナが苦手な人はこの品種を選んでいる人が多いです。
サイズが短い見た目も特徴的。冷蔵庫で保存することで日持ちするのもおすすめポイントです。

ラカタン(DOLE)

ラカタン
別名スポーツバナナと呼ばれるバナナで、意外にも日本人に一番なじみのある味かもしれません。東京マラソンのランナーに配布されたことでも有名です。
スポーツバナナと呼ばれる所以は、キャベンディッシュよりもクエン酸が多く、運動をする人のエネルギー代謝をサポートしてくれることが理由です。

沖縄の島バナナ

島バナナ

沖縄の家庭の庭で育っているバナナで、沖縄県民に最もなじみのある品種です。甘味や酸味が強く、とても美味しいのが特徴で沖縄県民はこのバナナでなければ満足できないという人も多いです。同じ日本で育っているバナナですが、県外で食べるとなるとなかなかの高額です。
沖縄へ旅行へ行った際などに地元のスーパーなどで購入するのも良いかもいれません。

三尺バナナ

三尺バナナ
小さいサイズのキャベンディッシュです。味はキャベンディッシュとほとんど同じですが、サイズが小さく女性でも一度に食べやすいのが魅力。

プランテイン

グリーンバナナ

アフリカでは主食とされているバナナがあります。日本人の感覚からすると甘いバナナが主食なんて…と思うかもしれませんがプランテインなどの品種は調理用バナナといわれ甘さが強くありません。プランテインの中にも品種があり、代表的なものはクラレ・ヴェルバナなどです。
アフリカ料理屋さんなどでは定番の料理に使われているので、味わってみたい方は是非お店で体験してみてください。

買いたい品種のバナナが買える野菜・果物宅配サービス

近所のスーパーに欲しいバナナがない場合は、宅配サービスを利用するのがおすすめ。
日本で生産されているバナナは少ないですが、国産野菜と一緒にバナナを購入できる食材宅配サービスは多いので、そのネットショップのラインナップをチェックしてみてください。
なかなか手に入らない品種も充実しているのでおすすめ!

野菜宅配サービスの「らでぃっしゅぼーや」は南米コロンビア産の「サンタマルタ・バナナ」が買えるのでおすすめです。

野菜宅配おすすめランキング野菜宅配おすすめランキング【おいしい・安全・安い野菜通販比較!オーガニック・有機・無農薬】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です