野菜の栄養素「ビタミン」の効果

サプリでもマルチビタミン配合のサプリが人気ですが、ビタミンとは何に効果があるのかまとめてみました。

 

ビタミンは生きていく上で体内に必要な栄養素です。体内のバランスを整えるのにバランスのよい栄養素の一つがビタミンです。

 

ビタミンの種類

ビタミンには水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンがあり調理法によってせっかくのビタミンが効果がなくなってしまいます。

 

ビタミンには13種類ありますがそれぞれ働きがあります。上手にビタミンを摂取するには野菜の特色を知り吸収しやすい調理方法で食べると効果がよりいっそう期待できます。

 

水溶性ビタミン

水溶性ビタミンは野菜を水につけていたり洗うだけで栄養が流れてしまうのが特徴です。尿と一緒に排出されますので毎日摂取するといいです。
ブロッコリーなどは茹でるとビタミンは流れてしまいます。油炒めにするとそのままビタミンがとれます。

 

脂溶性ビタミン

脂溶性ビタミンは油炒めなどすると栄養が吸収されやすくなるのが特徴です。

 

 

ビタミンは健康的な体を維持するのにも欠かせない栄養です。体調が悪いと感じたら野菜不足が考えられます。毎日野菜は食べるようにしましょう。


 


関連ページ

「カリウム」について
カリウムとは?野菜の栄養素であるカリウムについて詳しく解説します。カリウムの効果や多く含まれる野菜をご紹介します。
「カロチン」について
カロチンとは?野菜の栄養素であるカロチンについて詳しく解説します。カロチンの効果や多く含まれる野菜をご紹介します。