無農薬野菜と有機野菜の違いとは?

有機野菜詰め合わせ

安全な野菜を買いたい!というとき、農薬が使われていないものを選びたいと思う人も多いと思います。

安全な野菜を言えば「無農薬野菜」であったり「有機野菜」など、呼び方が異なる様々な栽培方法がありますが、その違いをしっかり把握している人は少ないかもしれません。
このページでは、無農薬野菜とはどんな条件で栽培された野菜なのか?有機野菜との違いは何か?をご紹介していきます!

無農薬野菜とは?

無農薬野菜とは、その名の通り「農薬を使用しないで育てた野菜」の総称です。

一般的に流通している野菜は、農薬を使用する事で流通しやすいサイズや病虫害から野菜を守る事で、一定の出荷水準を確保しています。
つまり、見た目に良くない虫食いのキャベツや、箱詰めしにくい曲がったキュウリ等は、流通的な視点で見た場合には、野菜としての価値が低いとされているため農薬を使い見栄えの良い屋愛を生産しています。
栽培中に農薬を使用しないことはもちろん、長期間その土壌で農薬を使用していないことが条件となります。

厳密に言うと、何十年も農薬を使用していない土壌でなければ「無農薬野菜」としては言い切れません。現在は「無農薬」という定義は非常に曖昧で、農薬を一切使っていないと明示して販売するのは難しいのが現状です。

無農薬野菜と有機野菜の違いとは?

冬が旬の無農薬野菜

無農薬野菜は文字通りで農薬を使わず、農薬を使ったことがない育てた土壌で育てた野菜と言えますが、有機野菜は化学肥料ではなく有機肥料を使って育てた野菜で、基本的には農薬を使わないことを目指しています。
しかし、まったく農薬を使っていないとは限りません。微量の農薬を使っている場合もあるので、無農薬野菜とは違います。

有機肥料とは?

有機肥料

有機肥料は牛糞に藁や落ち葉などを混ぜて完熟させたもので、これらの物質は土にとっては有機物となります。
有機物を土の中に入れることで微生物の活動が活発となり、サラサラちした肥沃な土になります。

肥沃な土で野菜を育てれば、化学肥料に頼らずとも美味しい野菜が作れる傾向があります。
古来から戦後間もない頃までは下肥が多用されていましたが、最近は生野菜を食べる習慣が根付いたために、衛生上の理由で衰退しました。

健康と安全に対する考えの根本は同じ

無農薬野菜と有機野菜は非常に似ているものですが、多少の違いはあっても、なるべく自然の力に頼って野菜を育てるということでは一致しています。

特に有機栽培は先人たちが培ってきた栽培技術を継承するもので、伝統的な農法でもあります。

どちらにしても、美味しい野菜を育てるには土作りが最も肝心。農地に適さない土地を改良したり、荒れた山を開梱して畑にするなどの苦労を先人たちが行ってきました。
農薬や化学肥料に頼らなくても収量を増やすための研究が行われ、今日の農業にも活かされています。

残留農薬への懸念

前述したとおり、流通している野菜の中には、形を一律にするために農薬を使用して栽培されている場合が多くあります。その場合、野菜には農薬が残留している場合があります。スーパーで購入できる輸入野菜や日本で生産されている野菜は規定に則って安全な範囲内のものが販売されているので、消費者自身がすべての野菜の産地や農薬の使用量を調査する必要はありません。

しかし、栽培環境や育成方法によっては残留農薬の量に差がある可能性もあります。やはり農薬は体に負荷を強いる事となるといわれているので避けたいところですよね。
もちろん、現在使用が認められている農薬は発がんの危険性はなく、安全性は高いと言われているため過度の心配は不要と言えます。

現状の生産体制や流通環境、および、消費者嗜好等を考慮すると、農薬を使用しない選択は困難である、とする意見が一般的です。
その反面、農薬が体に負荷を強いる事が判明しているため、農薬を使用しない方向を模索しようと考え、試行錯誤を繰り返す一部生産者の姿勢も見受けられる状況にあります。

使用が認可されている農薬の特徴

使用が認可されている農薬の特性として、野菜の生育時に使用された場合は時間と共にその殆どが分解されます。
しかし、ごく一部の野菜に農薬が残留している可能性が指摘されています。これを、残留農薬と言い、野菜を消費する人達にとって、体への負荷を心配する問題が提起されているのです。

残量農薬基準とは?
消費者意向が反映され、現状流通している作物には、残量農薬基準が設定されているます。その基準は、私たちが毎日の生活において摂取する農薬の量が毒性試験結果から得られた基準値範囲内に収まるように設定されています。

その基本姿勢は、食品を通じて、一生涯にわたって摂取し続けても健康に負荷を強いる事はない。とされているのですが、食品を摂取する消費者目線においては、より安全を求める傾向も見受けられる状況にあると言えるでしょう。

規定の範囲内だとしてもなるべく残留農薬が少ない野菜を選びたいという場合は、「自然農法」「自然栽培」と呼ばれる栽培方法で育てられた野菜を選ぶのがおすすめです。

 

自然栽培とは?


自然農法とは、農薬も肥料も一切使わない農法のことを言います。土壌に負荷をかけることがない栽培方法なので永続的な農法と言われています。

自然農法は、雑草も排除しないという完全な自然栽培は有機肥料などを使った野菜よりも長い栽培期間が必要となります。
農薬も使用しないため、虫なども排除しないため虫に食われる場合も多いそうです。

自然栽培のメリット・デメリット

きゅうり
農薬を一切使用しないため、残留農薬の心配がないことや自然の恩恵を受けて育った野菜は慣行栽培(現代で一般的な栽培法)で育った野菜とも一味違い、野菜本来の味わいを体験できるのも魅力です。

残留農薬の不安や食の安全性に注目が集まり始めた近年では、無農薬野菜で育てられた残留農薬の心配が無い野菜が注目を浴びています。
形などの見た目ではなく、野菜本来の味や安心して食べられることが重要視され始めています。

一方、自然栽培はデメリットもあります。
形が不揃いであることや、育つのに時間がかかるため割高な場合もあります。

農業が盛んな地域であれば、自然栽培で育った野菜を購入できるチャンスも多いですが、都市部でのスーパーでは購入できない場合が多いです。

自然栽培で育てられた野菜だけを選びたい場合は、生産者さんから直接配送される「野菜宅配サービス」を利用するのがおすすめです。

有機野菜の宅配サービス
ビオマルシェは有機栽培で育てられた旬の野菜を届けてくれる野菜宅配サービスです。
初回お試しセットが格安で購入できるので、一度お試しあれ!

ビオマルシェの体験レポ ビオマルシェのお試しセットはコスパ最強!【セット内容・価格・送料・口コミまとめ】

無農薬・自然農法で育てられた野菜宅配
ミレーは千葉県多古町の農業を営む農家さんの野菜が購入できるサービスです。
自然農法や無農薬栽培で育てられた野菜を購入でき、毎月定期的に配送してくれるのでスーパーへ野菜を買いに行く必要もなくなります。

自然農法で育てられた野菜を一度体験すると他の野菜では満足できなくなるほどの美味しさなので、一度試してみてください。

まとめ

基本的に農薬を使用しないで育てられた野菜は形が悪かったり虫食いがあることもありますが、農薬を使用した野菜と比較すると体に負担をかけることがないので安心です。
更には、野菜本来の味わいを体験できるので野菜嫌いの子供には自然栽培で育成された野菜を食べてみてもらうのも良いかもしれません。

現在流通している野菜や厳しい品質基準・規格に合格することが課題になってしまっており、野菜の味は二の次になってしまっています。本来重要視されるべきは安全性と味です。
消費者側が、形の良さや使いやすさを過剰に求めすぎると本当に美味しい野菜に出会えなくなるかもしれません。

「形の悪い野菜は選ばない」と一蹴するのではなく、安全な食品を求めるためにも食品のあるべき姿を見つめなおすことが重要かもしれません。
苦労して安全な野菜を育てている生産者の良き理解者の存在(消費者)として二人三脚の状態を形成する事が必要不可欠かもしれません。

単に産地が明示されている事や、顔が見える事に終始するのではなく、生産する方がどのような基準で食品を捉え、どのような基準で安全を捉え、その基準をクリアするために、どのような栽培をして、どのような土壌を目指しているかなどについても感心を深める事が大切です。

産地や生産者がわかることは一定の判断基準となる場合もありますが、産地や生産者のお名前を知るだけでなく、どのような理念で生産されているかもチェックするのもおすすめです。

形が悪くても、農薬に頼らず育った野菜を一度体験してみてください!

野菜宅配おすすめランキング 野菜宅配おすすめランキング【おいしい・安全・安い野菜通販比較!オーガニック・有機・無農薬】