夏が旬の野菜を紹介します

夏が旬の野菜

気候に影響を受けて育つ野菜には、それぞれに一番美味しくなる、いわゆる旬の季節があります。

 

今回はその中で、夏が旬の野菜を紹介します。

 

身近な夏の野菜

夏が旬の野菜

まずはよく知られている、トマト、かぼちゃ、茄子です。

 

トマトの良さ

例えばトマトに含まれるリコピンには、免疫力を高めたり、抗酸化作用があったりと、身体に良い食材として知られます。
意外と知られていませんが、実は生で食べるよりも加熱した方が、リコピンの吸収率は高まります。

 

かぼちゃの良さ

また、かぼちゃにはカロテン、ビタミンC、Eが含まれており、これら3つが揃うとがん予防に協力な力を発揮すると言われており、ぜひ旬のうちに食べたい食材です。

 

きゅうりの良さ

そして女性に嬉しいのが、きゅうりに含まれるカリウムの効果です。
カリウムには余分な塩分を排出し、利尿作用があるため、むくみを改善する働きがあります。

 

もちろんメジャーな食材のため、一年中食べることが出来ますが、旬の夏はビタミンCが冬場の2倍含まれているといい、やはり旬の季節に食べることの大切さを感じさせてくれます。

 

枝豆も夏の野菜

最後に、居酒屋では一年中見かける枝豆。これも実は、夏が旬の野菜です。

 

枝豆にはアルコールから肝臓を守る働きがあるので、夏にビールと枝豆、というのは実はとてもよい組み合わせです。
ぜひ、旬の季節を意識して食事をしてみてください。

 



関連ページ

旬の野菜はおいしくてかつ健康になれる
旬の野菜がおいしくてかつ健康になれると言われる理由を解説します。
春が旬の野菜
春が旬の野菜を紹介します。
秋が旬の野菜
秋が旬の野菜を紹介します。
冬が旬の野菜
冬が旬の野菜を紹介します。
日持ちする野菜
日持ちする野菜について解説します。日持ちする野菜とは?野菜に賞味期限はあるの?疑問にお答えします。
無農薬野菜とは
無農薬野菜とは?無農薬野菜の解説。無農薬で育てられた野菜は身体に良いというのは本当なのでしょうか。
無農薬野菜と有機野菜の違い
無農薬野菜と有機野菜の違いについて詳しく解説します。
野菜の安全基準とは
野菜の安全基準について。産地や生産者がわかると安全と言えるのか考えてみました。
野菜の残留農薬と残量農薬基準について
野菜の残留農薬と残量農薬基準について詳しく解説します。
オーガニック野菜とは
オーガニック野菜とは?オーガニック野菜の定義を解説します。
緑黄色野菜一覧
緑黄色野菜とは?緑黄色野菜の定義の説明と緑黄色野菜一覧を掲載。
野菜通販サービスの活用法
野菜の通販サービスの知識、野菜に関する豆知識を集めました。