オーガニック野菜とは?

オーガニック野菜とは有機野菜と同じ意味なのですが、いわゆる農薬、化学肥料などは一切使わずに自然の力で栽培された野菜のことをいいます。

 

オーガニック野菜の定義

オーガニック野菜を栽培する畑は3年以上農薬を一切使用していない畑での栽培が原則的です。

 

3年以上農薬などに汚染されていない安全な土で太陽、水、土、生物の力で育ち自然の方法で育てられます。農薬は使わず、肥料は化学肥料は使わず有機肥料が使われます。

 

化学的に作られた肥料よりも自然の材料で作られた有機肥料の方が当然カラダにはいい理由からオーガニック野菜と言えます。なので、オーガニック栽培により健康なカラダを作ることが可能となります。

 

一般の野菜栽培は人間のカラダには影響のないぐらいの農薬は使われています。しかし、その微々たる農薬がカラダに蓄積されて健康面への影響がある可能性がるという点が指摘されています。

 

少々値段は高めになりますが口にするものなのでオーガニック野菜のような安全な野菜をおすすめします。