冬が旬の野菜を紹介します

冬が旬の野菜

寒い冬は、温かい食事をとりたいですよね。

 

冬の野菜には体を内側から温めるのに役立つ野菜、巡りをサポートする野菜など、寒い季節の中で健康的に過ごすための栄養を補える理にかなった野菜も多いです。
また、冬の定番といえばやはり「鍋」です。
今回は鍋料理の食材の中でも、冬が旬の野菜を紹介したいと思います。

 

冬が旬の鍋定番の野菜

鍋料理の定番といえば、白菜、ねぎ、春菊、エノキダケ。これらは、誰もがイメージしやすい冬が旬の野菜です。

 

白菜の良さ

白菜はほとんどが水分で、低カロリーなため、たくさん食べられるのが魅力です。栄養価も適度にありますので、ダイエット中の方にはおすすめの食材です。

 

春菊の良さ

春菊は特有の香りがあり、鍋料理だけでなくおひたしや天ぷらなどでも美味しく食べられます。この特有の香りは「リモネン」や「αピネン」などの成分によるもので、リラックス効果や食欲増進などの効果があります。また、春菊にはβカロテンが多く含まれており、強い抗酸化作用があるため、老化やがん予防にも適した食材とされています。

 

レンコンの良さ

続いて、あまり鍋料理に入れるイメージがないかもしれませんが、お正月やお祝いの席でよく用いられるレンコンも、秋から冬にかけてが旬の食材で、鍋料理に使用するのもとてもおすすめです。
レンコンは「蓮根」と書きますが、実際はハスの根ではなく、地下茎という土の中に伸びる茎が膨らんだもので、泥の中でいくつかの節で繋がっています。

 

ハスというと綺麗な花が思い浮かびますが、ハスには観賞用と食用があり、観賞用のものは食用には向かないとされています。レンコンは食物繊維が豊富なため、便秘などにも効果的です。

 

定番から意外性のあるものまで、鍋料理におすすめの野菜を紹介してきました。ぜひ、寒い冬にお試しください。