野菜の安全基準とは

安全な野菜

野菜の安全基準を求める姿勢として、求められる事は、野菜を生産する人自身の拘りと、その拘りを生産の場に反映させている、一途な心配りに在ると言えるのではないでしょうか。

 

なぜなら、現在の流通事情は消費者目線を最優先の生産方法と言えるからです。

 

 

低価格でありながらある程度の品質を保つことは生産する者にとって、経済的にも精神的にも非常に過酷なことです。その状況を維持し続ける事はかなりの企業努力を求められます。

 

安全に対して真摯に取り組む生産者の存在

安全な野菜は高いと一蹴するのではなく、安全な食品を求めるため食品のあるべき姿を求めご苦労なさっている生産者の良き理解者の存在(消費者)との二人三脚の状態を形成する事が必要不可欠となるのです。

 

食品をそのように捉えると、安全を求める、良き理解者の基準は、単に、産地が明示されている事や、顔が見える事に終始するのではなく、生産する者が、どのような基準で食品を捉え、どのような基準で安全を捉え、その基準をクリアするために、どのような肥料を使い、どのような土壌を目指し、どのような品質基準を設定し、その基準を、土壌を、どのように維持し続けるのか、についても感心を深める事が求められるでしょう。

 

よって、産地や生産者がわかることは、一定の判断基準となる場合もありますが、産地や生産者がわかることが、安全基準の全てとは言えない状況にあると考えます。