野菜の栄養素「カロチン」の効果

カロチンといえばベーターカロチンをよく耳にしますがどんな効果があるのでしょうか。

 

ベーターカロチンの特徴・効果

ベーターカロチンは緑黄色野菜に多く含まれます。しそ、モロヘイヤ、人参、パセリ、ほうれん草、かぼちゃなどに多く含まれます。

 

ベーターカロチンの特徴は体内で必要とされている分だけがビタミンAに変化する便利な栄養素です。

 

ビタミンAはとっても大事な栄養素で不足すると免疫力の低下や口内炎ができたりして風邪をひきやすくなります。

 

ベーターカロチンと健康との関係

ベーターカロチンを摂取することでがん予防などの生活習慣病予防、目の病気予防、粘膜の細胞を正常を維持する効果があるため粘膜に関係する癌予防、免疫力促進効果があります。

 

特徴としてはカロチンを含む野菜をたくさん食べてもとりすぎる事があっても体内でビタミンAに変換するためたくさん食べても心配はありません。
ビタミンAを摂取することで美肌、美白効果も期待できるので女性は毎朝スムージーなどにしてまめに摂取することをおすすめします。

 


関連ページ

「カリウム」について
カリウムとは?野菜の栄養素であるカリウムについて詳しく解説します。カリウムの効果や多く含まれる野菜をご紹介します。
「ビタミン」について
ビタミンとは?野菜の栄養素であるビタミンについて詳しく解説します。ビタミンの効果や多く含まれる野菜をご紹介します。