野菜の栄養素「カリウム」の効果

カリウムは多くの野菜や肉に含まれます。カリウムとナトリウムは助け合いながら浸透していきます。
筋肉の働きにもカリウムは必要な栄養素です。

 

カリウムは野菜や肉などたくさんの食材に含まれているのでカリウムが不足になることはほとんど心配はいりません。しかし塩分やカフェインを多量にとったりストレスが加わると失われてしまいます。

 

カリウムを補う必要性

カリウムが失われるといろいろな症状がでてきます。
夏バテやむくみなどもカリウム不足が原因と言われています。これはカリウムが不足することで水分調整ができなくなりナトリウムを排出できずに老廃物を溜め込んでしまうことが原因とされています。

 

このことから食事の改善をすると健康維持ができることがわかります。

 

カリウムを多く含む野菜

カリウムを多く含む野菜はパセリ、ほうれん草、春菊、よもぎなどです。カリウムが含まれた野菜を食べることによってカリウムとナトリウムによって正常な細胞形状が作られて細胞内外の浸透圧を調整して健康なカラダが維持できます。

 


関連ページ

「カロチン」について
カロチンとは?野菜の栄養素であるカロチンについて詳しく解説します。カロチンの効果や多く含まれる野菜をご紹介します。
「ビタミン」について
ビタミンとは?野菜の栄養素であるビタミンについて詳しく解説します。ビタミンの効果や多く含まれる野菜をご紹介します。